推しは映像俳優です。

アラサーOLのブログ(ちなみに文才はない)

具体的な活動について。

この間、Yahoo!知恵袋を眺めていたらこんな質問がありました。

「○○くん(今人気の映像俳優)が好きなのですが、どうしたらファンになれますか?[要約]」

質問者のファンの定義が私には分からないのでなんとも言えないのですが、なかなか興味深い質問だと思ったので、今日は私の活動内容を踏まえた上でだいぶ上から目線で回答していきます。

※めちゃくちゃ基本的なことを書いているので、流し見でお願いします。


<<ちなみに私の推しはこんな人>>

・人気はそこそこ。20代前半
・たまにイケメンって言われたりもするけど、基本的にはイケメン俳優<演技派俳優に分類されることが多い。
・ドラマ・映画をやるなら主役か2,3番手が多い。原作があるやつだとそれ以外もあるけど、その場合は原作で一番人気みたいなやつをやる。作品にはすごい恵まれているので、その点では常に事務所に感謝。
・バラエティーのレギュラー等はない。
・ファンクラブはない。

…とまあ、こんな人です。

上記を踏まえた上でご覧くださいw

①作品を観る
まあ、当たり前ですね。ファンたるもの推しの出ているドラマ・映画は必ず観ましょう。もちろん映画は映画館で。週や月毎でチケット特典が違うこともあるので、事前に必ず公式をチェック。
もちろん番宣のための番組も観ます。

②番組観覧
ドラマや映画(大規模スクリーンのもの)公開日の前日または当日は電波ジャックのため朝から夕方のニュースまでテレビに出ずっぱりになります。推しのやる役が主役~3番手くらいまでなら必ずチェックしましょう。情報系の番組=生放送なので、努力次第で観覧が可能です。←さすがに夕方のニュースは無理だけど。

収録番組の場合は、推しが何の番組に出るのか事前に把握するのは難しいですよね。これはあくまで私の推しの場合という一例のようなものなのですが、私の推しはあまりフリートークが得意ではありません。そのため、番宣で出る番組は所謂VTR垂れ流し系の番組が多いです。だいたいのバラエティー番組は2本撮りなので外れることも多いですが、公開日と逆算して収録日をチェックするとわりと高確率で観覧に成功します。もちろん失敗も多いですが、お手透きの際はぜひお試しあれ。

③推しのSNSをチェック
今時の俳優さんはなにかしらSNSをやっているのでチェックしましょう。ただ、私自身としてはそんなにやる気ないです。推しのSNSは完全にスタッフさんに丸投げしているものなので、たまに本人の写真が出たときは「お!」となりますが、それ以外は流し見です。

④推しの共演者・友達のSNSをチェック
本人の公式より私は圧倒的にこっちに力を入れてます。たまに推しの写真がアップされていたりご飯を食べに行った等の話が書かれています。本当にありがたい。
推しのSNSも、そういうのにしてくれたら良いのに~ほぼ出演番組のお知らせで萎えます。(しかも極たまーに)
まあ、やってくれてるだけありがたいとは思いますが。

⑤舞台挨拶
日舞台挨拶=公開日なので公開日が近づいたら必ず公式をチェックしましょう。(公式のツイッターはフォローしよう)
感謝御礼(大ヒット御礼)は平日にやることが多いですが(そして発表は急)、初日は土日にやることが圧倒的に多いので最低限チェックしましょう。マスコミ入りの舞台挨拶は倍率が高いですが、その分トークの尺が長いので(マスコミ向けの写真撮影等含めると30~40分)抑えた方が良いです。1日に5回以上舞台挨拶をやる場合は、マスコミ無しの場合だと10分くらいなんてこともあります。個人的には地方の舞台挨拶の方がのびのびやっている出演者が多いので遠征もおすすめします。最近はSNSで拡散してね!ってことで、観客にも写真許可してくれる映画が増えてます。(だいたい30秒)撮影許可は特に事前告知なくサプライズで発表されるので、常に画質の良い携帯またはカメラを用意しておくと良いでしょう。
あ、完成披露試写会やレッドカーペットもあった!とにかく公式をチェックしましょう!

⑥イベント
アイドル売りの強い俳優さん(いわゆるイケメン俳優)、または個人事務所か!ってくらい他に目玉となるタレントさんがいない事務所の場合、映像俳優でもけっこうイベントをやることが多いです。

⑦ファンクラブ
あるなら入った方が良いですね。私の推しはないので、うらやましい。。。涙

⑧雑誌・円盤・グッズの購入
出来るだけ買った方が良いのはもちろんだけど、そうはいってもねえ、、、
私が石油王かビルゲイツなら全部買い占めるんだけど、、、
ただ、円盤はさすがに主役のものは買った方が良いです。作品の好き嫌いはあると思うけど、円盤の売り上げは数字に残るので。
あと、映画のグッズとかは売れようが売れまいがキャスト<映画なのでお任せですが、俳優名義で出しているグッズ(カレンダー/写真集/プロデュース商品等)は最低1つは買いましょう。売上は数字に残ります。ただし、特典がついていないものは事務所もそこまでガツガツ売りたいわけではないのでそんなに頑張って何十、何百とかは買わなくても良いかなーと個人的には思っています。

⑨プレゼント・手紙
お好みで。。。

⑩エキストラ
私は社会人になるタイミングでやらなくなったのですが、エキストラとして作品に参加するのも手です。ただ、拘束時間は長い上に「こういう恰好で来て下さい」っていう縛りがきついし(例:真冬に浴衣等)、推しに会える可能性も低いので、そのことは念頭において。


ふう。。。これで10個か。。。
CMのこと等も書きたかったけど、きりが良いのでこの辺にしておきます。
(出待ちは賛否ありますので、控えます)

ただ、ここまで書いといてなんですが、
私は声を大にして言いたい!

映像俳優なんて茶の間で十分だよ!!!

どんなに頑張って行っても認知なんてされないし、ファンサも全然ないし、プレゼントなんて使ってるかどうかもわかんない!!ていうか絶対使ってない!!
(↑すみません。あくまで私の推しはという話です。映像俳優全員が該当するわけではないです。)

見返りを何かしら求めてるならまずやめた方がよいです!

その分、貯金しましょう。

ただ、それでもやりたい!どうしても好きなんだ!という稀有な方はぜひ映像俳優ファンになって下さい。

一緒にお金を落としていきましょう。